『サボテンと蜃気楼』の向こうには

今出川潤です。
今回の記事は、ニコニコ動画の、とある動画についてです。

作詞作曲、そして動画は若干P。歌は初音ミク。
ショートフィルム仕立ての音楽PVとなっています。

この動画の中にはあまり救いがなさそうです。
でもやっぱり少しはあるんじゃないかな、という話です。

この動画をご覧になった後で、記事の続きをどうぞ。

※この先、この動画に対する僕の勝手な解釈がたくさんあります。
 苦手な方には、続きはお勧めしません。

この曲は、同人サークル「捻れたアヒル」の企画CD「アヒルホスピタル」収録曲として発表されました。
若干P担当のテーマはホスピス
なので、動画中では特に言及されていませんが、舞台はホスピスだと思います。
フィルムの内容は、ホスピスで働くナースと、彼女が担当する青年と、そしてそこで歌う初音さんのお話です。

title2

サボテンと蜃気楼

hospice

初音さんが歌う場所

futari

ナースと青年

last

ナースが得たもの

初めて僕がこの動画を見た時は、なんて救いがないんだ! と思いました。
青年はナースに手紙を渡しますが、結局は返事をもらえないわけです。
仮にそれをわかっていて、返事がもらえなくても良い、と思っていたにしても、むごい。救いがない。
そしてナース。
彼女は最後で、忘れてた言葉を思い出しますが、その時そばに青年はいません。
それでもナースは、これからも生きていかないといけません。
自分を守るためにトゲを作って二文字の言葉を忘れていたのに、彼のせいで思い出して、しかもその状態でナースはこれからもナースとして生きないといけないんです。
きっとナースにはこれまでよりももっと辛い日々が待っていると思います。
なんだか残酷じゃないですか?

……と、初めて見た時は思って、「救いがない」と思いました。
しかし、このフィルムをよくよく見てみると、そうでもないんじゃないか、と思えるシーンがありました。
まず、これらのカットをご覧下さい。

lobby

歌を聴く人は減っていく

初音さんがキーボードを弾いているそばに、入所者がいます。
そして、その入所者はだんだんと少なくなっていきます。おそらくここから去っていったのでしょう。
しかしここで、このカットを思い出して欲しいのです。

passed

ナースの記憶

このシーンは、ナースが過去を思い返す描写と思われます。
かつてナースと出会い、そして去っていった者達のそばを、ナースが通り過ぎていきます。

つまり、過去から今まで、入所者は入れ替り続けていたんです。
一方的に入所者が減っていくことは無かったハズなんです。

入所者が入れ替わる、ということは、ここを去っていく人がいて、新たに入所してくる人がいる、ということです。
それは、この街でホスピスが、街の一部として機能しているということです。
しかし、初音さんがいる今のホスピスでは、入所者が去っていきますが、新たな入所者はいません。今のホスピスはたぶんこの街に必要とされていないんです。
それはつまり、このホスピス自体の終わりが近い、ということではないでしょうか。

もしそうなら、このフィルム全体の印象がちょっとだけかわると思うんです。
かつての経験から自身にトゲを作っていたナースが、もうすぐ無くなるホスピスで、落ちていた恋を拾う。
彼がそばにいる間は彼に近づかない。
しかし、彼が去ってから、彼の気持ちを受け止められるようになる。
ナースはホスピスで作ったトゲを、ホスピスに置いて、その後はきっと街へと旅立っていく。
たぶん、新しい生活を始めて、新しい仕事をして、新しい恋をする。
多分に想像が混じっていますが。

もし彼女に、その後の人生があるとして、前職で起こったことのケリを、前職のうちにつけることができたのならば、そこには少しは救いがあるような気がするんです。
だから多分、青年がやったことは、きっと無駄じゃないハズです。

まとめると、この『サボテンと蜃気楼』のショートフィルム風動画には、一見すると救いがないです。
でも、昔はいた入所者がだんだんと減っている、という解釈を無理矢理広げていけば、彼女達にもどこか救いがあるんじゃないか、という話です。

余談ですが、この動画の最後では、初音さんの歌を聴いている者は誰もいません。
それでも、初音さんは最後まで歌います。
彼女はもしかして、最後までこの場所に残って、そこにいる人々を送り出してくれるのかな、と思いました。
もしかするとそれは誰かの救いになっているのかもしれないですし、ある意味、それは初音さんにしかできないことかもしれません。

 

 


おまけ。
作者の若干Pこと Knots さんは、自身のウェブサイト「ノッツクリーム」にて漫画や音楽やラジオなど、いろんなことをやっている方なのですが、
最近、メジャーデビューアリバムをリリースされました。

ヘルメンマロンティックの Amazon

爽やかで、胸がうずくような歌声で、いい曲ばかりです。
何度でもリピートしてしまいます。
ヘルメンマロンティック特設サイトには、本人による販促四コマが多数掲載されております。
視聴もできます。
収録曲のひとつ:ガールミーツボーイ

『サボテンと蜃気楼』が気に入った方にはなおさらお勧めです。

聴こう! ヘルメンマロンティック!

Leave a Reply