iPad と Mac OS X のキーバインドを比較する

今出川潤です。
家族が iPad を購入しました。
ついでなので、インプットメソッドでの ctrl キーとの組み合わせによるキーバインドを調べてみました。

環境はそれぞれ以下の通り。
iPad : iPhone OS 3.2 + Apple Wireless Keybord JIS 配列 + メモ帳
ことえり: Mac OS 10.6.4 + ことえり 4.2 + テキストエディット 1.6

基本的には、 return で改行。ローマ字で入力。 space で変換。変換中に return で確定です。

以下は、 ctrl キーとの組み合わせによる操作です。

カーソル移動など

キー iPad での動作 Mac OS X での動作
+ F カーソルを一字右に移動 カーソルを一字右に移動
+ B カーソルを一字左に移動 カーソルを一字左に移動
+ A カーソルを行頭に移動 カーソルを行頭に移動
+ ← カーソルを行頭に移動 spaces を左に移動
+ E カーソルを行末に移動 カーソルを行末に移動
+ → カーソルを行末に移動 spaces を右に移動
+ ↑ カーソルをページ最初に移動 spaces を上に移動
+ ↓ カーソルをページ最後に移動 spaces を下に移動
+ P なし 一行上に移動
+ N なし 一行下に移動
+ V なし 次ページに移動
+ L なし カーソルが画面中央に位置するようにページ表示を調節

移動中に文字編集など

キー iPad での動作 Mac OS X での動作
+ H 左の文字を一字消す 左の文字を一字消す
+ K カーソルから行末までを切り取り カーソルから行末までを切り取り
+ Y なし + K でカットした文字を貼り付け
+ M 改行? (後述) なし
+ J 改行? (後述) なし
+ I タブを挿入 なし
+ O なし 改行を挿入
+ T なし カーソルの左右の文字を入れ替えて右に一字移動
+ D なし 右の文字を一字消す

漢字変換中での動作など

キー iPad での動作 ことえりでの動作
+ M 決定して改行?(後述) 選択した候補で確定
+ J 決定して改行?(後述) 全部をひらがなに変換
+ K なし 全部をカタカナに変換
+ L なし 全部を全角英字に変換
+ ; 全角の【;】を入力 全部を半角英字に変換
+ F 次の変換候補へ 次の変換中の文節へ
+ B 前の変換候補へ 前の変換中の文節へ
+ N, + S なし 次の変換候補へ
+ P, + D, + E なし 前の変換候補へ
+ V なし 次ページの変換候補を表示
+ R なし 前ページの変換候補を表示
+ I, + Q なし 文節区切りを一字左へ
+ O, + W なし 文節区切りを一字右へ

おまけ

キー iPad での動作 ことえりでの動作
EJECT キー ソフトウェアキーボードに切り替え ディスクのとり出し
変換中のESC なし 変換をやめる

雑感というか、気付いたことなど。
操作はかなり違います。単純に無いだけの操作もあれば、全然違う動作をするのもあったり。
Mac OS X とおんなじようなノリを期待してはいけなさそうです。
ただ個人的には、 +B, + F で移動できて、 + H で一字消すことができれば、わりと使えそうだなあ、と思います。

個人的に気になったのが、 + M, + J の動作です。
変換中にすると、確定と改行を一度に同時にやります。
時々これが、よくわからない動作をします。例えば、以下のような。

  1. ひらがなを適当に打つ
  2. ctrl + M で確定と改行
  3. Back Space で一字消す
  4. なせかさっき打ったひらがなの文字列がまた入力されている

漢字に変換した後に ctrl + M で確定と改行すると何も起こらないようです。
確定は return キーで行った方が、ことえりと同じ動きするので無難です。

そういえば、iPad は iPhone OS 3.2 ですが、 iOS の最新は 4.0 で、今は iPad 用の iOS 4.0 を作っている最中らしいです。リリース予定は秋らしい
iPad の OS が 4.0 になると、これらの動作も変わるかもしれませんね。

関連記事(外部リンク):
【コラム】OS X ハッキング! (103) Cocoaアプリのキーバインドにこだわる(1) | マイコミジャーナル
iPad と Apple Wireless Keyboard の設定とショートカット | tobu iPhone

Leave a Reply