Posts Tagged ‘Wikipediaソース’

13日は何曜日が多いのか?

Posted in 備忘録 on 5月 20th, 2011 by 今出川 潤 – 1 Comment

今出川潤です。
つい先週のことですが、2011年5月13日は金曜日でした。
13日の金曜日です。
あの、13日の金曜日です。
根拠はよく分かんないけど、なぜだか恐れられている日です。
そう言えば西尾維新がどこかで、13日は金曜日になりやすいとか書いていたような。
たしかサマーウォーズのケンジ君は、年月日から計算で曜日を求めていたような。
なら実際のところ、たくさん計算すれば、13日は何曜日が多いのかわかる?
ということで、計算してみました。

まず最初に、計算で曜日を求めるにはどうすればいいのか?
それには、ツェラーの公式を用います。
現在の西暦はグレゴリオ暦で計算されているので、その計算式を使います。
試しに2011年5月13日で計算してみます。

ツェラーの公式

ツェラーの公式でグレゴリオ暦2011年5月13日を計算

実際のカレンダーと同じように、金曜日になりました。

それではこれを使って、計算をしていきます。
西暦1年から2000年までの間で、13日は何曜日が一番多いのか?
手計算は大変なので Python で計算するプログラムを書いてみました(ソースコードは後述)。
結果はこちらです。

YEAR: 1-2000
mon.	3425
tue.	3425
wed.	3435
thu.	3420 min.
fri.	3440 max.
sat.	3420 min.
sun.	3435

確かに金曜日が一番多かった!

と、ここまで計算したところで、 Wikipedia にて13日の金曜日の項目を見つけました。
ここで結構詳しく解説されていました。
曰く、グレゴリオ暦では曜日は400年周期で元に戻り、その間で13日は金曜日が一番多い、と。
さらに、なんで13日の金曜日が恐れられているのか実際はよく分かってないらしいです。

あれ、400年周期?
ということは、21世紀に限って言えば、金曜日が一番多いとは限らないんじゃないか?
なので、21世紀に限って計算してみた。

YEAR: 2001-2100
mon.	170 min.
tue.	173 max.
wed.	170 min.
thu.	171
fri.	172
sat.	172
sun.	172

21世紀で一番多いのは火曜日だった!

結論

21世紀では、13日は火曜日が一番多い。
長い期間でみると、13日は金曜日が一番多い。

おまけ

計算に使ったプログラム


#!/usr/bin/env python
# -*- coding: utf-8 -*-

# 条件別に変更する定数
START= 2001		# 数え始めの年
END= 2100		# 数え終わりの年
TARGET_DAY= 13		# 数える日

# ツェラーの公式 グレゴリオ暦
def ZellerGregorian( year, month, day):
	if 1 <= month and month <= 2:
		month += 12
		year -= 1
	j = int(year /100)
	k = year % 100
	m = month
	q = day
	h = (q + int( (m+1)*26/10 ) + k + int(k/4) + int(j/4) + 5*j )%7
	return h
	# h=0:sat, h=6:fri
	# h=0 で土曜日, h=1 で日曜日...

# ツェラーの公式と曜日の対応タプル
zweek= ("sat.", "sun.", "mon.", "tue.", "wed.", "thu.", "fri.")

# 計算用定数
DAYS= 7		# in week
MONTHS= 12		# in year

# 指定期間の曜日リスト作成
weeks= []
for i in range(START, END+1):
	for j in range(1,MONTHS+1):
		weeks += [ zweek[ZellerGregorian(i, j, TARGET_DAY)] ]

# 曜日ごとに数える
cnt=[]
for i in range(DAYS):
	cnt+=[ weeks.count(zweek[i]) ]
maxnum= max(cnt)
minnum= min(cnt)

# 表示
SHIFT=2
temp= u"YEAR: "+ str(START)+ u"-"+ str(END)
print temp
for i in range(DAYS):
	# 表示の都合上、月曜日を一番上に
	if (DAYS-SHIFT)<=i:
		i-=(DAYS-SHIFT)
	else:
		i+=SHIFT
	temp= zweek[i] + u"\t" + str(cnt[i])
	if maxnum==cnt[i]:
		temp+= u" max."
	if minnum==cnt[i]:
		temp+= u" min."
	print temp

作家として生きること

Posted in 思っていること on 6月 21st, 2010 by 今出川 潤 – Be the first to comment

今出川潤です。
最近、ちょっと気になったことがありました。
ということで、ちょっとしたクイズです。

  • 太宰治
  • 芥川龍之介
  • 三島由紀夫
  • 川端康成

彼らに共通することは何でしょうか?

read more »

小説のファイルフォーマットについての雑感

Posted in 備忘録 on 6月 5th, 2010 by 今出川 潤 – Be the first to comment

今出川潤です。
最初に告知だけ。明日の Comic Communication 14 にサークル参加します。
混凝土の隙間と奇譚集をお求めの方はぜひお越し下さい!

ver.T 参加イベント

オールジャンル即売会

Comic Communication 14

Comic Communication 14

開催:2010年 6月6日

インテックス大阪にて

参加: H-18b


さて僕は、一応は文芸サークル ver.T の代表で、編集作業や DTP やらあれこれを、素人なりに四苦八苦しながら日々勉強しているのですが、今回の記事では、その悩みをちょっとずつ記録してみます。
小説を発表するフォーマットについての雑感を、つらつらと書いていきます。
あ、ちなみに、今回はかなり長いです。

ウェブで小説を発表するのにわりと適しているフォーマットはだいたい次の五種類くらいだと思います。

PDF
ePub
XHTML
青空文庫テキスト
プレーンテキスト

iPhone アプリ形式や、エキスパンドブック形式など、作るのにライセンス料みたいなものがかかる形式は除外しています。
では、これらの良い所と悪い所を順番に見ていきます。

read more »

ルビの中黒【 • 】ビュレットと【 ・ 】中点

Posted in ソフトウェア on 5月 20th, 2010 by 今出川 潤 – Be the first to comment

今出川潤です。
今回は DTP ネタです。
ルビに中黒を使う時、中黒の種類によって見た目が変わる、という話です。

環境は、OSが Snow Leopard 10.6.3 で、 DTP ソフトが QuarkXPress 8.15 です。
ルビに中黒を使う時、【 • 】ビュレットと【 ・ 】中点では描画のされ方が違います。

dot2

QuarkXPress 8.15 で比較。左がビュレット。右が中点

ちなみに本文は、お亀納豆さんのばとるあすほーるの7ページ11行目より引用しました。
使用フォントはヒラギノ明朝 Pro W3 です。
現時点の公開作品では【 • 】ビュレットを使用しています。

【 ・ 】中点の出し方は、ひらがなモードで【 Option 】 + 【 / 】です。インプットメソッドにもよりますが。
【 • 】ビュレットの出し方は、英数モードで【 Option 】 + 【 8 】です。
ただし! 【 • 】ビュレットは Shift_JIS テキスト形式だと保存できないのでご注意を!

ちなみに Wikipedia によると、中黒の記号は6個もあるらしいです。

……もしかして、ルビに中黒を使おう、という考え自体がおかしいのかな?